トップページ
花岡からのメッセージ
くるみ菓子のご紹介
焼き菓子のご紹介
季節のお菓子のご紹介
オンラインショッピング
くるみにまつわる話
ギャラリー胡桃倶楽部
おすすめリンク
クリックしてメール

     
シナノグルミは、アジア生まれとアメリカ生まれのくるみが出会って誕生しました。
江戸時代初期(1696年頃)、中央アジア原産のテウチグルミ(カシグルミ)が中国、朝鮮半島を経て日本に伝来しました。そして明治14年(1881)に北佐久郡中佐都村の池田静作氏がアメリカ人貿易商からもらいうけた種実がペルシャグルミ(セイヨウクルミ)です。この両種が栽培されるうちに自然に交雑し、この地で生まれたのが、シナノクルミなのです。
     

     
長野県内でもシナノクルミの栽培が多いのは東信地方です。中でもここ東御市がその生産の中心となっているのは?
現在の東御市和周辺は当時和(かのう)村と呼ばれていました。大正4年(1915)秋、大正天皇の即位御大典記念として、全戸にシナノクルミの苗木が配付され、栽培が奨励されたのです。
     

     
内臓脂肪を撃退し生活習慣病を予防する【オメガ3脂肪酸】
 オメガ3脂肪酸は、中性脂肪を下げ、血圧を安定させて血管を健康にしてくれる働きがあることから、注目を集めいている栄養素です。2004年に厚生労働省から発表された「生活習慣病予防に重点をおき、栄養素について新たな指標「目標量」を設定したもの」の中にも増やすべき栄養素として【オメガ3脂肪酸】が上げられています。

 オメガ3脂肪酸とは必須脂肪酸で、リノール酸の系列がオメガ6、アルファ・リノレン酸系列の脂肪酸がオメガ3と呼ばれています。この2種類の脂肪酸のバランスが健康にとって大切なことがわかっていますが、現代の食生活では、オメガ6脂肪酸を摂りすぎていることから、様々な成人病の増加が懸念されているのです。

 クルミは、可食部100グラム中に9グラムのオメガ3を含み、食材としても注目を集めています。
     

     
受験生注目!くるみに含まれる健脳成分とは【その1・レシチン】
脳の神経細胞と神経細胞の間のつながりをスムーズにする働きをします。頭の働きを良くし、記憶力を向上させるために必要な栄養素です。
【その2・ビタミンE】
老化防止の効能で知られるビタミンEは、血管壁の脂肪やコレステロールを洗い流し、血液をサラサラにする作用があります。脳や血管のしなやかさを保ち若さを維持します。
【その3・ビタミンB1】
ビタミンB1は脳のエネルギー源であるブドウ糖を、完全燃焼させて頭の回転の活力源とするためにかかせない栄養素です。不足するとイライラして集中力がさがってしまいます。
●脂肪分の多いくるみは食べ過ぎは禁物、1日に2個位が目安です。
     

     
シューマンの歌曲「くるみの木」をごぞんじですか?
この歌曲は1840年2月に完成し、9月11日、結婚式の前日にシューマンから花嫁になるクララに贈られました。詩はユリウス・モーゼンによるものです。
「くるみの木の対になった花々は、木の下でまどろむ乙女の、未来の夫についてささやき合う。ささやき合うだけでなく、優雅に口づけもするのだから、くるみの花々は愛の花ってものだ・・・」
もし、くるみの花が咲く季節にくるみの木の下を通りかかったら、詩人にロマンティックな詩を詠ませた花を探してみてはいかがでしょうか。
●シューマンの「くるみの木は」黒田慶樹さんと清子さんの婚礼の披露宴の席でも、弦楽4重奏により演奏されました。
●くるみの花は5月19日の誕生花。花言葉は「知性」です。
     

 Copyright(c)2001-2008 HANAOKA CORPORATION All right reserved